介護タクシーの年収.com » 福祉車両について

福祉車両について

家族に高齢者や障害を持っている人がいるご家族または本人で外出は控えているという人もいることでしょう。

高齢化社会の現代では福祉車両という高齢者や障害がある人でも利用しやすい車を各車のメーカーがたくさん販売をしています。機能についてですが回転シート車というタイプがあります。

これは利用する時に乗り降りがしやすく、助手席・後部席のシートが車外方向へ回転するものです。シートが車外へスライドするタイプもあります。介助をする人も利用がしやすい設計になっています。

リフトアップシート車というタイプですがこちらも助手席・後部席のシートが車外方向へ回転し、電動で上下に動きます。こちらも高齢や障害のある人、介助をする人が使いやすいように工夫されています。

車いすやストレッチャー仕様のタイプは車いすやストレッチャーに乗ったまま、乗車できます。スロープタイプと、リフトタイプがあります。これらが市販されている主な福祉車両のタイプになります。軽自動車でも福祉車両も販売されています。

新車で購入するにはやはり多額の購入費が必要になってきます。中古車も販売されているので検討してみるといいでしょう。中古車の検索サイトで調べるとその人のニーズにあった車が見つかります。

また、すでに持っている自家用車を改造するケースもあります。この場合は改造費だけで済みます。専門の業者があるので、使う人に合うように相談しながら改造する事が出来ます。

それから、頻繁ではなくごくたまに外出する際に福祉車両が使いたい場合はレンタカーもあります。これなら、借りている間だけの料金で済みます。福祉車両のレンタル料も普通自動車を借りる場合とそれほど変わりなく貸し出しを行っているレンタカー店もあるようです。

家族全員で帰省する場合や車を使っての小旅行などもリーズナブルに気兼ねなく楽しめます。家族で少し長距離を出かけたい場合や、旅行に行きたい場合は車があると大変便利です。

公共の機関を使用した場合周りの人の迷惑にならないか、また公共機関の電車やバスなどを利用した場合出発時刻が決まっており、間に合わないなどの心配などもありません。

福祉車両を使っての移動でしたら疲れたら休めるという利点もあります。また、福祉車両の購入には自動車税や軽自動車税、それに購入時に必要となる自動車取得税が減免となります。

自動車購入資金の貸付や助成制度などもあります。すでに自家用車を持っていてその自家用車を福祉車両に改造する場合にも自動車改造費の助成制度があります。詳しくはお住まいの市区町村に問い合わせると教えてくれます。

このように、助成制度を利用するなどして、高齢者や体に障害があっても家に籠りがちにならないように、福祉車両を利用して外出する機会が増えるといいですね。