介護タクシーの年収.com » 和式トイレのリフォーム

和式トイレのリフォーム

和式のトイレから洋式のトイレにリフォームする場合、いくつかの方法がありますが、良く使われるのは、やはりトイレを丸ごと改装する方法でしょう。

まず配管の工事を行い、それに伴い壁にぴたりと設置されていたタンクもなくなるので、配管の工事が終わったあとは、内装の工事をします。タイルの場合は、大工さんが日入り床と壁の下地を作りトイレのデザインを作っていきます。

この工事まで終われば次は、内装工事、壁には、クロスを貼り付けます。床の仕上がりは、フローリングとクッションフローの2種類から選べます。フローリングだと廊下との一体感もでるので私は、すきです。

私の実家は、フローリングにしました。内装の工事まで終わればトイレの設置です。トイレは、タンク付きの一般的なものからデパートなどでみるタンクなしのものと種類は豊富です。

どれも手入れが簡単なデザインになっています。ショールームなどに展示してあるので一度みているといいです。設置が完了すれば工事は全て終わりです。

タイルの場合以外は、1日で終わりますが、タイルの場合1日から2日時間がかかります。個々の家で状況が違うので一度見てもらうことをお勧めします。ちなみに私の実家は、木の床だったので1日で工事は完了しました。