介護タクシーの年収.com » 耐震設計について

耐震設計について

耐震リフォームを考えるのであれば、対象物件が1981年以降か以前か、まずそれを確認しましょう。

1981年を境にそれ以前に建てられた建築物は「旧耐震」、それ以降に建てられた建築物は「新耐震」基準によって建築されているため、耐震性だけを考えるなら、1981年以降に設計されたものの方が安心です。

もちろんリフォームに際して必要な耐震工事も変わってくるので、その分、リフォーム費用にも差が出てきます。

リフォーム費用の詳細については「リノベーション費用を無料で比較検討できる~見積比較ナビ~全国対応」などでリフォーム業者に相見積もりを出してみるとわかりやすいでしょう。

この1981年という区切りですが、建設された年ではなく、設計された年を指します。よって、建設が1981年以降だったとしても、設計が1981年以前であれば、旧耐震の建物であることがあるので注意して下さい。

耐震性を気にするのであれば、新耐震基準で設計し、建てられたマンションが有利ですが、魅力ある個性的なマンションは圧倒的に1981年以前に建てられたものの方が多いのが現状です。

1981年以降の建設ラッシュ時に建てられたマンションはコストや建設効率の良さが最優先されていて、今でもその傾向は続いています。

旧耐震で建てられたといっても中には本当に耐震性が怪しい物件もあれば、意外と堅固にできている物件もありますので、リフォームの際には気をつけましょう。