介護タクシーの年収.com » 変形性膝関節症の症状について

変形性膝関節症の症状について

変形性膝関節症の症状は、基本的に足の痛みから来ます。この前兆に注意しておくと変形性膝関節症を早期で見つけることが出来るかもしれません。

変形性膝関節症の症状の初期段階は、歩いている時に違和感が出る程度です。若干痛むことがあり、人によっては気が付かない人もいるでしょう。

特に痛みを出すのは、階段の昇り降り、椅子への着席と起立の時などの膝を使う動作をした時に痛みを出す場合があります。と言っても、痛みが少しあるか無いか程度なので気にしない人が多いでしょう。

次に中期になると結構骨同士で衝突をしているため、痛みを出す場合があります。ただ、この段階も人によっては気が付かない場合が在るでしょう。

しかし、初期段階からしてみると痛みが結構あるので、ここの段階で気が付く人もいますね。ただし、足の疲労と勘違いしている場合が在りますので注意しないといけません。ここで気がついて病状も知ることが出来れば、かなり簡単に治療をすることができます。

そして、末期になる前の状態から末期にかけて、末期になる前は上記のように痛みがあるが他のことと間違える程度の痛みでしたが、末期状態になり、大腿骨と脛骨が完全に衝突している状態になると相当激痛を出します。

この段階で気が付かない人は少ないですね。膝を曲げるごとに電撃が流されたような衝撃を受けて相当激痛を出すでしょう。場合によっては立っているのも辛い状態になるので注意してください。

あと、この状態になると大腿骨と脛骨が削られていくので、破片が刺さる場合が在りますので注意しましょう。破片を取り除く作業は結構大変なので注意です。

このように変形性膝関節症の症状があります。場合によっては、耐えられないレベルの痛みを出し立つことすら難しい状態になるでしょう。末期状態になる前に、気がつけるように注意しておいてください。