介護タクシーの年収.com » 腰痛とストレッチ

腰痛とストレッチ

腰痛は肩凝りとほぼ同じくらいに悩んでいる方が多い症状です。また最近はデスクワークで腰の痛みを起こす方が多くいらっしゃいます。

肩凝りになると、どうしても肩を気にして腰にも負担をかけてしまい、姿勢が悪化するといよいよ本格的に、というお決まりのコースに嵌ってしまうのです。

ではこのデスクワークでの腰痛にはどのような対処がいいのでしょうか? 普段自宅では体操やマッサージ器を使用している方も、会社のデスクではなかなかそうもいきません。

このためには、ストレッチがとても有効です。人間はもともと立って行動することが多かったのに対し、座ったままの姿勢が長いということは、とても不自然なことです。ですのでできるだけその影響を軽減するためには、座っている間に合間を見て行うことが必要です。

座っている場合、立っている時よりも2倍の負担が腰にかかっています。また上半身は腰や背中の筋肉だけで支えるようになります。つまりこの2つの筋肉がだんだんと硬くなってくると、腰痛は避けられません。

しかし間違った方法でほぐしていると悪化してしまう可能性が高く、これは肩凝りでのストレッチよりも難しいものです。ですのでできれば医師に相談してから色々な状況で用いるために方法をアドバイスしてもらうことが最も有効です。

また椅子に座っていて腰が硬くなってしまう、という場合は、背骨を支えている筋肉を動かす方法がよいと思います。

椅子に座ったまた臀部を固定し、そのままウエストだけ左右にスライドするように動かします。これを何度か繰りかえすと筋肉が柔軟性を取り戻します。このような基本的なストレッチであれば同じ症状の方のほとんどに問題なく効果があります。

このような方法は腰痛体操と平行して用いていくのが正しい用法です。帰宅した時と、また会社では椅子の上でというように常にバランスよく実践していくのがお勧めです。