介護タクシーの年収.com » 腰痛と産後、ストレッチ

腰痛と産後、ストレッチ

女性の産後は腰痛や骨盤痛が心配されます。また産後もそうですが妊娠初期から徐々に腰痛の可能性が高まりますので、できるだけ早めに対処を考えておくことが大切です。

女性ホルモンの作用によって子宮の形が変わりやすくなり、骨盤も徐々に変形していきます。つまり出産がしやすいように作用するのですが、日常生活によほど気をつけなければ、やはり腰痛は起こります。

また、お腹が大きくなるにつれて姿勢も反るようになってきます。重心の傾きを正すためには必須のことですが、腰を反らせると通常の状態よりも負担が大きくなり、慢性腰痛に発展することも多く、そのままだと様々な生活のレベルに支障をきたします。

このための対処法として、出産前からのエクササイズなどが効果があります。もちろん身体に負担がかからないようにすることが大切ですが、普段からストレッチをすることである程度筋力アップの効果も期待できます。便秘の解消にもなり、出産後の体型の立て直しにも効果があります。

もちろん産後は十分なトレーニングを開始することができます、その中でもストレッチはとても大切な役目を果たします。腰痛を改善するためにも効果がありますし、広がった骨盤を元の状態に戻し、スリムアップする効果もあります。

ストレッチの方法はそれほど難しいものではありません。もちろん機械を使用する必要もなく、自宅で気軽に実践していくことが可能です。仰向けになったり、立ったままできる方法もあります。

また妊婦さんの体型に合ったトレーニング法を用いることも必要です、例えば身長が高くてスリムな方の場合は、特に骨盤がゆがみやすい状態ですので、猫背や肩凝り、背中の凝りなども起こりやすくなります。

このため凝りがある部位を重点的にストレッチすることが大切です。その他には高齢出産の場合は更年期に近く、身体の調和が乱れやすくなりますので、自律神経、副交感神経を整えていくことが大切です。