介護タクシーの年収.com » 使用方法について

使用方法について

徐々に名前を知られつつある介護タクシーですが使い方などについては詳しく知っている方はまだ、少ないでしょう。その名前の通り介護を必要とする人が利用できるタクシーです。

厚生労働省が定めている認定制度というものがあり、認定を受ける人の体の状態や心身の状況調査を認定調査員が見たり聞き取り調査をして判断し、また主治医意見書などを総合判断して保健・医療・福祉の学識経験者により構成される認定審査会により、介護が必要だと認定された人が使える制度があります。

医療機器ののレンタルや訪問看護など色々使えるサービスがあるのですが、その制度の中のサービスの1つがこの介護タクシーです。

この制度を使う事が出来る条件として要介護1以上の人で自宅で生活している事が条件の一つになります。ですから老人保健施設や特別養護老人施設など入居している人は使えません

それからこの制度を使いたい人を担当するケアーマネージャーが決定している事も条件になります。この制度を使う場合に発生する料金ですがこれには介護保険制度が適用されるので、使った場合は使った料金の一割を負担するだけで済みます。

その為、一般のタクシーを使うよりも安く使う事が出来ます。しかし一般のタクシーと違うところとしては、予約をしないといけないという事です。なぜなら介護タクシーは駅や病院、路上などで利用者を待つことを禁止されています。

担当のケアーマネージャーに使いたい事を相談をします。するとケアーマネージャーがサービスの利用を使う人のケアプランの中に作成します。回数や頻度などを考えてケアプランを作成します。

ケアーマネージャーが業務を行っている会社や企業などに依頼をします。その後会社や企業とサービスを受ける本人または本人立ち会いのもと家族が契約書を交わします。

これで初めてサービスが利用開始出来るようになります。またこのサービスを利用した場合行ける場所が限られています。

病院や診療所の通院、役所・銀行・社会保険事務所など公的機関、今後受ける予定のサービスを選択するためのデイサービスなどの施設や、施設の見学、選挙などです。もちろん保険を使わなければ行き先も自由ですし、契約書を交わしたりといった事もしません。

電話などで予約を取れば良いのです。しかし、その際にかかる料金は全て実費となります。特別な福祉車両を使用していたり介助をしてもらうなどのサービスもあるので一般のタクシーを利用するよりは割高になってしまいます。

その点を理解して病院の送迎などで1人では移動が難しい場合に使用をしましょう。