介護タクシーの年収.com » 頚椎ヘルニアの手術

頚椎ヘルニアの手術

頚椎ヘルニアはレーザー治療など外科手術によって治療する方法もあります。髄核をレーザーで蒸発させて、線維輪から飛び出した脊髄、神経根を圧迫しているヘルニアの部分を除去する方法です。

頚椎と繊細な神経であるため、極力、保存治療を用いることが多いですが、最終的な手段の一つとして用いることになります。頚椎ヘルニアの手術自体は、保存的に治療をしても2-3カ月が経過しても回復傾向が見られないときに行われる最終的な手段の一つであり、脊髄症をきたした症例などでは、早急な治療が必要となることがあります。

ただし、麻痺などの症状が比較的軽く、保存治療や投薬で患部の縮小が望める頚椎ヘルニアの場合には、時期を延期、もしくは待機するなどが取られることもあります。

PLDD法というレーザーを使用する頚椎ヘルニアの治療法では、皮膚の上から、細いパイプを挿入して、レーザー光を照射できるファイバーで神経根を圧迫しているヘルニア部分を除去する方法です。

挿入する部分によっては、治療することが出来ないケースがありますが、挿入する向きなどを変えることによって、応用が可能です。

この頚椎ヘルニアの治療法は高度先進医療精度に該当されているため、保険診療外であるため、希望して治療を受けることが必要です。

国内でもすでに実績が多数ある方法で、外国ではすでに導入されている治療法です。

切開してヘルニア部分を除去するAPLD法に比べて、予後の回復が早く、安静期間や入院期間が短いことが特徴になっています。

ただし、頚椎という複数の神経が通う繊細な部分を手術するため、術後数日間から数週間は安静が必要なことと、体全体に対する痛みの緩和を図れるように注意します。

頚椎ヘルニア治療後は、肩や首を圧迫していたヘルニアが除去されるため、体が軽くなった、両腕が軽くなるなど、症状の緩和が望めます。また、保存治療と違い、即効性の効果を望むことが出来ます。