介護タクシーの年収.com » 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症って聞いたことありますか。某有名司会者が何年か前に脊柱管狭窄症の手術をするということで、番組のなかで、症状などの説明をしていたのが記憶にあります。

脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊柱管という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患で腰に発症する場合は腰部脊柱管狭窄症といい、首に発症する場合は頸部脊柱管狭窄症といいます。

簡単にいうと脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されるということです。通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状ですが、脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によっても引き起こされる場合もあるそうです。

症状としては、歩いているとだんだん足が痺れてきたり、痛くなったりしますが、休むと回復するのが特徴です。腰の病気と思われがちですが、部位によっては言い方も変わってきます。

この病気は高齢者に多く見られ、これも加齢症の一つのようです。圧迫される部位によっていくつかに分類されます。

馬尾(第2腰椎より下の脊柱内で、脊髄円錐からの神経根の集合)が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されます。

腰を反らせると脊柱管が狭くなるので痛みが強くなり、前かがみになると戻るので楽になるのが特徴のようです。歩いていると脚の痛みやしびれなどで歩けなくなっても、前かがみになって休むと脊柱管が広がりしばらくするとまた歩けるようになるそうです。

脚の痛みやしびれだけではなく、神経を圧迫するため排泄障害や感覚障害が起こることもあるそうです。排泄障害などがあると他の病気かと思い不安にかられますよね。

病気というのは、腰だからといって腰だけに症状が表れるわけではなく、神経が体中に通っているわけですから、思いもよらない症状が発生するものです。

痛みや痺れなどが発生して、病院にいっても原因が分からないことがよくあります。痛みや痺れがあるということは、体がSOSを出しているわけですから、原因が分かるまで診察してもらうことも大事かもしれません。