介護タクシーの年収.com » 二種免許の取得について

二種免許の取得について

自家用車などを運転する場合に必要な免許は普通自動車第一種免許です。営業として旅客輸送を目的として車の運転する時には第二種免許というものが必要になります。

簡単に言うとタクシードライバーやバスのドライバー、運転代行、介護タクシーのドライバーなどのお客さんを車に乗せる仕事をする場合にはこの第二種免許が必要になるということです。

この中でもまた種類が分かれていて、大型、普通、大型特殊、けん引と種類があって取得する事によって運転できる車両の総重量や特殊車両など乗れる車がそれぞれに違っています。

第二種免許を取るときに当然試験を受けるのですが、その際には条件があります。この条件をクリアしている事が必要となってきます。まず、受けようとする人の年齢です。年齢が21歳以上で普通自動車第1種免許を取得して3年以上経っている事が条件になります。

いくら自分の技術に自信があっても21歳未満だと試験を受ける事ができません。視力が片目0.5以上両目で0.8以上なければいけません。それから深視力検査を3回受けて、その平均値が2センチメートルを超えてはいけないなどが条件になります。

深視力検査というのは、耳慣れない言葉ですがこれは遠近感や立体感をどれくらい認識できているかという検査です。

タクシーやバスなどの公共機関のドライバーやトラックなどを職業としている場合、広い空間の中で対象の人や建物や標識などの位置関係を正確に認識する能力が大切になってきます。

ですからこの検査を実地して能力を判断する必要があるのです。試験を受けるのに自分1人で独学で練習して直接、運転試験場で受験する方法と自動車学校に通う方法があります。

運転のプロとして認められなければならないのですから1人で練習をする方法は難しいと思われます。ですから、多くの人は自動車学校へ通います。自動車学校の中で公認校というものがあります。

この公認学校は、公安委員会より検定業務を委託されている学校なので運転試験場に行かなくてもその自動車学校で試験を受ける事が出来ます。自動車学校に通って二種免許を取るのにかかる費用は20万円くらいから25万円くらいが相場です。

合宿を利用した場合は、もう少しっかる費用が安くなりますし比較的短時間で取れるので利用する人もいます。またタクシー会社やバス会社などでは、免許を取る際の費用を負担してくれている会社もあります。

ドライバーなる予定の人で会社に費用を負担する制度がある場合は利用してみるといいでしょう。二種免許は持っていると職業の選択の幅も広がります。

プロとして車の運転を仕事にするのですから、試験は難しいものになりますが、二種免許を取る事を目標にしている方は確かな技術を身につけて安全を心掛けるプロのドライバーになって下さい。