介護タクシーの年収.com » 介護リフォーム

介護リフォーム

介護リフォームと言っても、その人に合わせたリフォームをしないと意味がありません。介護リフォームと言えば、全面バリアフリーにする、階段を緩やかにする、廊下やお風呂、トイレに手すりをつけるなどがあります。

しかし、手すりに関して言えば、胸の高さの位置が最適な方もいれば、肩の高さが最適な人もいます。また、腰の位置に手すりがあった方が日常生活では扱いやすいという方もいることでしょう。

ですから、介護リフォームといえども、ただ、リフォームするのではなく、住んでいる方の用度に応じて、介護に適したリフォームする必要がありますので、その辺りを業者にきちんと伝えてから工事に入るようにしてください。でないと、工事が終わってから後々、後悔することになりかねません。

また、高齢者の一番多い事故は、浴室です。浴室の水滴に足を滑らせて、転んでしまい、寝たきりになってしまったり、頭を強く打って、そのまま亡くなってしまうケースも多々報告されております。

特に、浴室のリフォームをお考えの方は、高齢者の方に配慮をして、極め細やかにプランを考える必要があります。

業者にきちんと何をしたいのか、どのくらいの予算で行いたいのかなど、きちんと要望を伝えることにより、後々、後悔しない、介護リフォームをすることが出来るかと思います。

業者を探すとき、年配の方になればなるほど、知り合いに業者を紹介してもらうケースが多いようです。しかし、ここには落とし穴があることを知って下さい。

知り合いの紹介では実体験が聞けるという安心感はありますが、それだけでなく、リノベーション費用見積比較ナビなどで業者を探すのも検討してみてはどうでしょうか。

お知り合いからの紹介の場合、一番のデメリットは金額が高くてもあまり強く言えなかったり、工事が終わった後、要望と違っていた場合も、強く言うことが出来ません。

何故なら、お知り合いの紹介だけに、業者とトラブルとなった場合、交友関係に傷がつくことを恐れてか、知人の紹介だと業者に強く要望を伝えられない方が多いからです。

エンディングノートの書き方をご紹介しております