介護タクシーの年収.com » 健康食品とは

健康食品とは

健康食品とは、もちろん健康を維持するために効果の高い食品を云います。また、厳密には国が定める特定保健用食品や栄養機能食品といったものとは区別され、一般商品の中でも特に効果の高いものを指して呼ぶ場合がほとんどです。

また、食事として取る形態のものもあれば、粉末、錠剤やカプセルといった医薬品にとても似ているものもあります。例えばビタミンやカルシウムを補給するためのサプリメントもその1つと考えられます。

あまり味のほうは気にしないで購入するようなタイプ、そして普通に食事の中で味付けをして取り入れるようなタイプ、の2つにおおまかに区別されますが、食堂などに行くと特に沢山の栄養素を含んだものは健康食品として特別にメニューされているところも多くなっています。

今では様々なものが販売され、その中には健康上の被害をもたらすようなものもあることが問題視されています。今後は一定の規格、基準や表示の基準を設けるなどの対策が施され、より求めやすくなると期待されます。

これらのあまり明白でない健康食品とは違い、国が認可したものの1つに、特定保健用食品があります。審査を受けなければならず、また結果として効能が明白となれば、効能表示をすることが認可されます。

一般に知られているものとして、虫歯の原因となりにくいキシリトールという糖分や、血圧が高い方に効果のあるラクトトリペプチド、体脂肪が気になる方に適したジアシルグリセロールなどがあります。

健康食品を扱うための国家的な資格はまだ存在していません。ですので最近では適切な情報提供ができるアドバイザリー的なスタッフ、具体的には管理栄養士、薬剤師などを配置することが重要視されています。

ブームの発端は、通常の食事のバランスを整えることが難しいこと、また身体にいい食材を簡単に求める機会が減ってきたこと、などが原因であると考えられます。