介護タクシーの年収.com » 頚椎ヘルニアの診査について

頚椎ヘルニアの診査について

頚椎ヘルニアの診査は、他のヘルニア同様レントゲンやMRIで判断することができます。だから、これらをしっかりと受けてから症状をしっかりと判断するようにしてください。

このような場合におこなう検査が、上記で説明したようにレントゲンとMRIです。レントゲンの方は、皆さん馴染みのあるものですね。実際に見たことがある人も多いでしょう。

骨格の画像を見ることで発症しているかを判断します。第5頚椎と第6頚椎との間が狭くなっている場合、頚椎ヘルニアになっていることがあります。

ただ、かなり見づらいので素人目では判断するのが非常に難しいですね。まあ、医師からしっかりと説明を受ければ、もしかすると判断することが出来るでしょう。比較的安いので、診察のためにしてみるのも良いですね。

次にMRIですが、これを使うにはMRIがある病院を探さないといけません。小さな診療所などにはほぼ確実にMRIなどありませんので、しっかりとある所検査を受けましょう。

MRIをすることで、詳しく頚椎を見ることができます。レントゲンよりも詳細な画像を見ることが出来るので、頚椎ヘルニアであるかを判断しやすいですね。

また、レントゲンのように、微弱な放射能が無いため安全に撮影をすることが出来るでしょう。ただ、費用が結構必要になるので注意してください。

また、撮影時間が多少長く、閉じ込められている状態になりますので、そのようなことが苦手な人は注意しておいたほうが良いでしょう。あと、体内に金属が残っている人や心臓ペースメーカーの人などはMRIを受けることができませんので注意です。

このように頚椎ヘルニアの診察をすることができます。しっかりと診察して、適切な治療を受けるようにしてください。ちなみに、仮に何も無くてもそれはそれで良いので、まずは診察をするようにしてください。