介護タクシーの年収.com » バリアフリーのデザイン

バリアフリーのデザイン

日本は、現在高齢者社会として世界でもトップクラスの長寿大国です。そこで、今住宅を建てる上でバリアフリーのデザインは、重視されています。

バリアフリーとは、生活面での不便さを解消することを言います。例えば敷居などの段差、階段の上り下りなどです。年を取ると少しの段差でもつまづきやすくなり転倒の恐れがあります。

そういうことにならないようにバリアフリーは、存在します。敷居の段差などは、ほぼフラットにできます。それは、リフォームでも新築でも同じです。

薄いフローリングもあるのでリフォームで段差を解消される方もいますし、今の新築は全て段差がないように設計されてます。

そして、高齢者の事故で最も多い箇所でもある浴室には、洗面所との段差もなくし浴槽のなかと外に手すりがついているデザインが多いです。

浴室と洗面所がフラットだと水が入るのでは?と聞かれることが多いですが今の浴室は、ドアの敷居の部分にゴムのパッキンがあり洗面所に水が入ることは、ありません。

下半身が不自由で車椅子生活をしてる方に対応出来る用に足下に電気のスイッチを置いたり廊下の幅を広くすることもバリアフリーです。

車椅子から直接家に入れる用に外にスロープ付のバルコニーを設置しそのまま出入りするというデザインもよく使われます。幅を広くすれば介護ベッドも通れる用になるので寝たりきりを少しでも解消出来ます。

介護認定を受けてる方ならバリアフリーにするためのリフォーム工事代が申請によって安くなるように国も対応してくれているので、リフォームの場合は業者さんに聞いて見るといいですね。

バリアフリーが当たり前のようにデザインされている現在では、そのために工夫された材料や商品なども多数作られています。家の中用のエレベーターなどもあるくらいです。

バリアフリーにすることで介護される人も介護する人も楽になるので将来を見据えてバリアフリー対応のデザインにすることは、重要です。