介護タクシーの年収.com » 骨の健康

骨の健康

人間の身体は骨によって支えられています。これが無ければ体重を支える事が出来ませんし、内臓を外部からの衝撃から守ったりしています。

しかし歳を取るごとにどんどん脆くなってきてしまい、折れたり病気になりやすくなってしまいます。そんな体の健康を守るためにも若い丈夫なうちから出来ることをやっていく事が健康に非常に重要なのです。

歳を取ってからも健康で丈夫な状態を維持するには一体どんなことに気をつければ良いのでしょうか。カルシウムやカリウムといった成分によって作られているので、それを若いうちから補充するよう意識すると良いでしょう。

若いうちからこれらの成分を積極的に取るようにすれば強度を保ち続ける事が出来るので、丈夫にしたい方はとにかくそれらの栄養素を多く含んだものを食べるようにしましょう。

カルシウムやカリウムを多く含んでいる食材といえば小魚類や牛乳などが知られていますが、体内にあるカルシウムのうち吸収されるのはわずか30%といわれているのでこれらの栄養素を取るだけではなく、これらを吸収しやすくなる栄養素といわれているフラクトオリゴ糖やビタミンK2などの栄養素も摂るようにしましょう。

また、脆くなるきっかけとして知られているのがダイエットだそうです。特に無理なダイエットを行うと体内のカルシウムが不足してしまい、不足分を補うために骨を分解してカルシウムを補充しようとするので、そのせいでどんどん脆くなってきてしまいます。

こうした生活を続けると骨粗しょう症などの病気を引き起こす恐れがあるので、ダイエットを行う際は過剰な食事制限などは控えてダイエットの最中不足しがちな栄養素をしっかり摂るようにしましょう。

歳を取るごとに形成が難しくなっていくため折れてしまった場合再生が非常に難しくなってしまいます。

そのため早いうちから必要な栄養素を補給しておく事が非常に重要になってくるので将来の健康のためにも早いうちから大切にしましょう。