介護タクシーの年収.com » 仙骨部の硬膜外ブロック注射とは

仙骨部の硬膜外ブロック注射とは

椎間板ヘルニアによって激しい痛みと毎日戦っているという状態になってしまった場合には、その治療法として有効な手段は痛みを緩和させるブロック注射というものがあります。

そもそもブロック注射というものは、神経圧迫によって発生している痛みを緩和させることを目的としています。脊髄を覆っている膜と黄色靭帯の間には数ミリ程度の隙間があります。この隙間は硬膜外腔と呼ばれています。そこに局所麻酔を注入することで、神経をブロックします。

そして、このようなブロック注射には2種類の方法があります。その2類の方法とは、腰部硬膜外ブロック注射と仙骨部硬膜外ブロック注射というものです。今回は仙骨部硬膜外ブロックについて詳しく説明していきます。

仙骨部硬膜外ブロックを行なう場合には、まずうつ伏せになって寝ころんだ状態になってもらい、お尻の部分に枕を起きます。この時にはお尻が突き出ている格好になっています。そのお尻の割れ目の部分の高い場所に、ブロック注射の針を指して薬剤を注入していきます。

この時に使われる薬剤は局所麻酔薬が使われます。腰部硬膜ブロックと比べて、仙骨部硬膜外ブロックは、硬膜を貫いてしまうということがないので、そのような意味では、安心して受けられるブロック注射ということができます。

しかし、万が一仙骨部硬膜外ブロックを受けて頭痛などの症状が出てしまった場合には、考えられる理由としては、局所麻酔薬によって引き起こされてしまった急性薬物中毒の可能性が考えられます。

このような注射は腰に刺すので痛いと思われています。しかし、そのようなことはありません。しっかりとブロック注射を行なう場合にはあらかじめ痛み止めを施しています。

そのため、ブロック注射の際には痛みをほとんど感じることがないというわけです。しかし、合併症の危険を考えて、注射をした当日は入浴や運動は控えてください。

すべり症になりやすい人の特徴について