介護タクシーの年収.com » バリアフリーとリフォーム

バリアフリーとリフォーム

公共施設では現在、色々なバリアフリーが導入されています。暮らしやすいリフォームに応用できるものも多くありそうです。例えば、信号機が音響式のものになっていて目の不自由な方でも安心して通行できるようになっています。

音は目の不自由な方に何かを知らせる際に便利なもので、家のリフォームでも十分に応用できるものでしょう。このような工夫は町のあちこちにあり誰にでもやさしい街づくりな国づくりになっていると思います。

そして、物理的なもの以外にコミュニケーションのバリアフリー化もされています。デパートや大手会社の受け付けでは、手話や点字を取り入れたりと目や耳に障害がある方にも安心して買い物や仕事が出来るようになっています。

言葉の壁はなかなか解消できませんが少しでも解消できる努力は、企業も率先し取り組んでいます。

そして、ハートビル法の設置により多いなスーパーやデパートなどでは、入り口部分に点字も交え手助けが必要な方はお手伝いします。と書かれているのを良く目にします。

ボタンを押すと店員さんが来て一緒に買い物をしてくれたりととても助かるサービスをしてくれるところが今では、多数あります。

そして、現在はネット社会とかしているのでわざわざスーパーに足を運ばなくても商品が手に届く時代になってきています。これもバリアフリーのひとつです。