[PR]


介護タクシーの年収について

高齢化社会に伴い介護タクシーの需要が増えてきています。最初に介護タクシーと一口に呼んでいますが、実は介護タクシーと介護保険タクシーという種類がある事をご紹介しておきます。

介護タクシーと介護保険タクシーはその名前の通り介護保険が使えるのが介護保険タクシーです。介護保険が使えないタクシーが介護タクシーです。介護タクシーの開業ですがこれは、タクシーの申請と二種免許だけで済みます。

比較的簡単に開業できるので人気も高くなってきています。需要のある仕事ですがその年収はあまり知られていません。

介護タクシーの年収.comでは年収や、開業するのに必要な資格や準備、また介護保険タクシーの違いなどについて説明をしていきます。

介護タクシーの収入ですが気になりますよね。個人で行っている場合や会社や企業などで事業を行っているところがありますから、一概にはいえませんが、平均月収は20万円から30万円程度と言われています。

ですから、年収にすると240万円~360万円程と言われています。もちろん、たくさんの仕事があればそれだけ収入になります。最初は個人で開業してその後事業が拡大し法人登録などを行います稼働する車両の台数が増えてくるなどすれば収入の増加が見込めるでしょう。

介護タクシーを利用する場合はお客様の予約によって仕事の量が決まってくるので他の会社などと差別化をするなどをすれば収入を増やす事が出来るでしょう。

また利用するお客さんですが高齢で体の不自由な場合が多いので深夜や早朝などの需要は少なく利用者もは少ないので収入に結びつく労働時間は限られてきます。

また一般のタクシーのようにタクシー乗り場や駅や病院などでの客待ちや町の中を流しての営業なども行えないので、頑張れば頑張っただけといっても制限があるので、なかなか上手くいかない事もあるようです。しかし、他の介護タクシーとの差別化をはかることで年収の増加を見込む事は可能です。

例えば、資格です。ホームヘルパー・介護福祉士等の資格を持っていると利用されるお客様の自宅でのベットからの移乗や、車の乗降サービスも行えます。

他にも車両ですが、リフトアップシートの機能が付いていたりスロープが付いていたりする車両であれば、車椅子のお客様も楽に利用する事が出来るので、集客が増えるでしょう。

また個人で介護タクシーで起業する場合のメリットとしてはお客さんに安心感を与えられるという事があります。お客さんに利用してもらって気に入ってもらえれば固定客になってもらえるので年収も変わってきます。

知らない運転手よりもいつものドライバーさんに送迎などをしてもらうことにより利用したお客さんは安心してまた次もお願いしたいと思いリピーターになってくれます。

介護タクシーを仕事にするのは、もちろん年収も生活の為に大切になってきます。しかし、それ以上にやりがいのある仕事だと言えます。高齢の方が具合が悪くて病院に行く時などは心細かったり不安だったりします。

その不安や心細さの力に少しでもなれれば、利用してくれたお客さんに感謝される事もあります。どちらかというとボランティア精神の強い人の方が向いている職業だとも思います。そうして続けて行くうちに事業も軌道にのって年収があがる事も多いに考えられます。

また介護タクシーの需要は確かに多く、増えて行く傾向にあります。平均年収としては240万円~360万円程と言われていますが、最初は年収が少なくてもそのうちに、利用してくれる人が増えてその地域には欠かせない町のいつもの運転手さんになっていけば年収も変わるでしょう。

そうなるには、やはり努力や感謝の気持ちなどが大事になってくるので、介護タクシーをやる人によって年収も違ってきます。

また、高齢化社会でこれからの需要の伸びはあるのですから努力が実り数年後に企業化して大きな事業所ともなれば年収も大きく上がっていくでしょう。

お薦めサイト一覧

椎間板ヘルニアでお悩みの方は椎間板ヘルニア手術の情報サイトをご覧ください。

頚椎ヘルニアでお悩みの方は頚椎ヘルニア治療に関する情報サイトをご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症でお悩みなら腰部脊柱管狭窄症の情報サイトへ。

変形性膝関節症の治療でお悩みの方はこちらの方法をお試しください。

リノベーション費用を比較検討したい方はこちらへ。

新着情報

 2016年08月28日:五十肩の予防
 2016年08月28日:大人がすべり症になる原因について
 2016年08月08日:二種免許の取得について